古山だけど亀岡

あたいには生まれ故郷がありません。どうせ、親類のわが家が生まれ故郷にあったほどだ。
ただし、その親類ともあんまり会う機会がありません。ですから、生まれ故郷に対して思い出深いという感じないのです。
それはさびしいものです。但し、そして育ってしまいました。
過去は変えられません。キャリアもすり替えることはできません。だました一生なんて楽しくありません。
これからは果たして心に止まる配列をキャリアに記したいだ。できるのかな?
人間の空想はそんなことで終わらないという信じています。決めると思えば見込めることだってある。
今の自分では想像できないことを将来はできるようになるでしょう。
人間の経歴もそうでしたから、それはそれほど考えてもナチュラルです。
見込めるのかどうかは考えない。それをしていくのがベストな態度だ。
確実に見込める地点だけやり遂げる人類にはなりたくありません。
未知の事を果敢に挑戦するメンタルが明るいものを創造すると思っているからです。よし、あげるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です